不昧展行ってきました 畠山記念館、三井記念美術館

今年は松平不昧没後200年ということで、各地で不昧関係の催しが開催されています。
不昧公二百年祭というものが松江でやっているみたいですね。
鷹の爪団の動画まで作ってます(笑)
松江はまだ行ったことないですが、そのうち行ってみたいと思ってます。
そのうちって言っているといつまでも行けない気がしますが…。

さて、関東で不昧関係のイベントといえば、美術館をハシゴすると入館料が割引になるというもの。
ハシゴっていうか半券を見せればオーケーです。
そんなわけで、畠山記念館と三井記念美術館に行ってまいりました。

畠山記念館で偶に見ることができますが、油屋肩衝の次第(背負って運ぶ箱とか、その他多くの箱、添え状など)が観られました。
背負える箱は持ち運ばせるために作らせたそうです。
茶入が乗っていたのは唐物の若狭盆で、スキッとして良い盆でした。
今までも出ていたんでしょうけど、唐物の若狭盆だと意識して観ることはなかったのでちゃんと観られて良かったです。
それから、蕎麦(茶碗)で「蛍」が出ていて、もの凄く好いなと思いました。
あのレベルの高麗茶碗なら蕎麦でも濃茶で使いたい気がします。
みなさんはどうお考えでしょうか。

三井記念美術館の方では、喜左衛門井戸をよーく観ることができ、国宝の玳玻盞も観られました。
当然ですが、素晴らしかったです。

他には以前に仕事で扱った長棗と同手のものがあったので興味深かったです。
芳村観阿が関係していて、羊遊斎が塗っているもので、派手ではない蒔絵と繊細な塗りが素晴らしいものでした。
やっぱり美術館で出るレベルの良いものだったかと確認できました。
不満なのは不昧が気を配ったであろう茶道具の次第については、ほとんど観ることができなかったことです。
茶道具の展観ですからね。もう少し何とかならないものかと思います。

不昧は藩の財政を再建させたそうですが、散財して結局は財政を傾けたそうですので、オイオイ何してんだ!っていう気もします。
ですが、藩の財政を再建させただけならば、これだけ美術館で特集されるような人物にはなっていないでしょうね。
何がどう転ぶかわからないものです(笑)

今週の日曜日までやってますので、行ってない人はぜひ!

益子陶器市で掘り出し物発見!

ゴールデンウィークに催されていた益子の陶器市に行ってきました。
笠間の陶炎祭にも行ったので、はしごです。

益子の陶器市は街のいたるところにテントが張られて焼きものがたくさん売っています。
見ているだけで楽しいです。
ゴールデンウィークでしたし、もう人がわんさかいてお祭り騒ぎでした。

もう帰ろうかと思ったときに、車をとめていた所の近くで気に入ったものがあって、唐津の火入を買ってました。
益子の陶器市は茶道具になるようなものはあんまり置いてないのですが、火入とか筒向こうとして使えそうな物があったのです。
若い作家さんで腰の低い、男前の好青年でした。
なんで買ったのかというと、もちろん上手い!凄い!と思ったからです。しかも安い!
なんかね、雰囲気があるんですよ。
古唐津の物とかいろいろ見て勉強しているんだろうなと思わせる物でした。

写真が下手で伝わりづらい…

独立してないって言ってたような気がしますが、これから良いもの作っていくであろう感じがビシビシ伝わりました。
こんなに若いのにこんなに上手いのかとびっくりです。
ぐい呑みも凄く良いヤツで惹かれました。
ぜひ茶碗を作ってもらいたいです。
奥高麗とか本手瀬戸唐津の写があったら欲しいなぁと思ってます。

次の益子の陶器市は11/2~11/5のようです。
ちなみに唐津の作家さんの名前は丸田雄さんでした。
ぐい呑み買っとけばよかったかなぁ。

茶道具取り合わせ展見てきました in五島美術館

もうすでに終了してしまった展観ですが、会期終了間近に行ってまいりました。

樂茶碗で
長次郎、常慶、道入、一入、宗入、そして光悦も並んでて壮観でした。
館蔵品の有名な樂茶碗をかなり見れたかもしれないです。

茶道具取り合わせ展って事でしたので、箱書きも観ることができてうれしいです。
やはり、次第を見るのも古い道具を見る時の楽しみの一つです。
箱の感じがどんなのかとか、なんて書いてあるのかとか、現代のよくあるような書付とはちょっと違う感じで書かれていたりするんで興味深いです。
元伯宗旦花押のあった箱書が飾ってあったんですけど、色が薄くなっててホント微かにしか見えない(笑)のがありました。
なんだったか、何かの茶碗だったと思いますけど目録見ないと忘れました。
箱書のある箱が飾ってあると花押を覚えるのに非常に役に立ちます。
字の感じも覚えられますしね。
今回の展観は原叟の花押を沢山見たような気がします。

やはり茶道具は次第が一緒に見られるとすごく良いです。

それから伯庵茶碗を見る事が出来て良かったです。
思ったより大きかったです。。。しょ~もない感想ですね、、、