遠州さんの点初めの儀に行ってきました

偶然にというか、連れていっていただける機会がありましたので、お邪魔させていただきました。
今回初めて遠州さんのお茶会に伺いましたので、とても楽しみにしていましたが、非常にゆったりとした時間を過ごすことができ、大変良いひとときを過ごさせていただきました。

濃茶席の茶入は雲州蔵帳に載っているということで、とても貴重な物を見せていただきました。
そういった茶入を間近に見る機会というのは、なかなかあるものではありませんのでジーっと見せていただきました。
釜は古くて、もの凄く大きい釜。胴径は1尺以上はありそうな大きさに圧倒されました。また、鐶付が非常に変わっているものでした。
すごいですねぇ。さすが遠州さんのお家元の茶会で出てくるものは素晴らしいです(当たり前ですね…)。

花入は青竹で、形がすごいカッコいい形。いや~、あの形の花入欲しいなぁと思ってしまいました。
たぶん千家では使わないような気がします。
花入だけでなく、花もすごくカッコイイ。
遠州流の機関紙の花の写真を見たりすると思いますが、いつもすごくカッコいい花が入っています。
花って難しいです。ちょっと違うだけで全然違いますよね。
今回お床に入っていた花もすごくカッコよかったです。
評価できるような知識や語彙、経験などは私にはありませんが、とても素晴らしいと思いました。

茶碗はやはり高麗。
高麗茶碗が私は好きですので、非常に興味津々で見せていただきました。

点心もとても美味しく、食べ終わった頃にお相伴の能楽師の方が謡を披露してくださるという事もあり、祝いの席に相応しい盛り上がりとなりました。
また、某家の若宗匠にご挨拶させていただきました。
たぶん若宗匠は覚えていらっしゃらないとは思いますが、つい先日紹介していただいた機会がありましたので。
こういう方たちが、普通に一緒に席に入っている、というのが非常に興味深いです。
次にまた行けるような機会があるかどうかわかりませんが、またお邪魔させていただきたいです。

自分のやっている流派以外の茶会に行ってみると色々勉強になりますし面白いです。興味深いことが沢山あり、とても新鮮に映ります。
色々なことを理解できるようになるために、とりあえず自分のやっている流派の理解度を上げないとですね。

詳細な情報を書いてしまうのは失礼かと思いましたので、詳しく書きませんが(読んでる方はつまらないですね)、スゴイものばっかりで驚愕でした。
貴重な機会をありがとうございました。

夜咄の茶事に行ってきました

夜咄を知人が年末に催すというので、あつかましくも「呼んで、呼んで、呼んで!」とお願いし、お邪魔させていただくことができました。
ご亭主、ご連客の皆様ありがとうございました。
おかげで貴重な体験をさせていただくことができました。

夜咄の茶事は風情があって良いよ~と話にはきいていましたので、初めての夜咄の茶事に、どんな感じなのだろうかととても楽しみでした。
最初に言ってしまうと、非常に楽しめました。

火の灯りってすごいなぁ~と改めて感じさせられました。

夜咄は夜にやるものでして、電気の灯りを使用しませんので非常に暗いです。
正直、色々なものがあまり見えません。
だんだんと目が暗さに慣れてきて、やっとこさ少し見えるくらい。
手燭の明るさでなんとか拝見をするという感じです。
よく言われますが、電気の照明に慣れている現代人にとってはもう無茶苦茶暗いのですが、火の明るさってのはなんだか良いものです。
ほんとに非日常の空間を味わうことができます。
待合のしつらえとか、露地の風情とか、本当に感動的な雰囲気です。


かなりリラックスムードの茶事でしたので、写真を撮ったりもさせてもらいました。
ご亭主が酔っ払ってしまったので、薄茶は代わりに点てたりとか(笑)、色々イレギュラーなことがありましたが、こういうのも茶事の醍醐味ですね。お稽古にはない展開です(笑)。

火を使いますので、かなり慎重に動かなければいけなかったりとか、和蝋燭の扱いとか色々と難しいこともありますが、機会がありましたら自分でもやってみたいなと思いました。
でも、灯りの道具をそろえなければいけませんね。
徐々にそろえていければと思います。

宗和流の茶会に行ってきました

ひょんなことから宗和流の茶会に行く機会がありました。
場所はトーハクの茶苑。
六窓庵が濃茶席、転合庵が薄茶席。
点心は三友居で美味しかったっす。
煮物椀がついているとやっぱ豪華に感じます。

宗和流というのは言わずとしれた金森宗和が流祖の流派です。
野々村仁清との関係でお茶の世界ではよく出てくる名前ですね。
こちらの流派の茶会には初めて伺いましたが、席主の方のお話も、お道具も素晴らしく大変良かったです。

六窓庵は宗和好の茶室だそうです。
奈良にあった茶室を移築したらしいのですが、茶室の運搬の途中で暴風雨に遭い船が転覆、部材は運良く岸に流れ着いた(ホントか?!)というものらしいです。
名前の通り窓が六つありまして、中柱が太いのが印象的でした。

濃茶席の掛物は宗和の消息。
茶入は仁清の茶入。とても華奢な感じで、耳が面白いです。牙蓋が取りづらいとお客様が仰っていましたが、私は触っておりませんのでよくわかりませんでした。
茶碗は大徳寺呉器。良い茶碗でした。大きさや景色、状態など素晴らしく、箱も良い箱に入っているなぁと思いました。古い箱を見せてくれるのはとても嬉しいです。
次の茶碗は伊羅保でこちらもホントに良い茶碗(そりゃそうだよと言われそうですが)。ベベラもしっかりとあって、風格のある茶碗でした。
建水は南蛮の〆切。じっくり見てみたかったです。

古い道具を席で使っていただけて、それで飲ませて頂けるということは本当に貴重な経験であります。
大徳寺呉器っていったら400年も前の茶碗ですからね。それを使ってお客さんに出してくれるってのはありがたいことです。
古い茶碗ってのはどうしても脆くなりやすいですし、大寄せの茶会ってのはどんな人が来るのか分からないですので、リスクは高いですよね。
もちろん値段もかなり高額になります。
釜は道仁の釜だそうで、ほぇ~という感じ。見る機会ないですよね、道仁の釜なんて。珍しいもの見せていただきました。
私は古い道具で雰囲気ある物は好きなのでこういった席に入れた事はラッキーでした。

さて、薄茶席は遠州好の転合庵。
こちらは12代(だったと思う)の画賛でした。歌が書かれていて、この時期らしい内容で濃茶席とはガラッと変わった感じ。
主茶碗は御本刷毛目。歪みが印象的でした。
数茶碗としてガラスの茶碗が出てきまして、仁清の三玄院の天目写ということでした。こういった珍しい写物を出してくる所が面白いですね。
一見ガラスには全く見えないですが、持ったらなんとなくガラスだとわかりました。
薄茶席には現代の方の造った物も取り入れて目新しさがあります。
煙草盆は宗和好で、なかなか他でお目にかかれないような形の物。やっぱり色んな流派の茶会に行ってみるもんだなと思います。

これから毎年茶会をしていこうと考えていますと仰っていましたので、もしまた機会があれば伺いたいです。
ありがとうございました。