大圓之真台子の点前の伝授をしました

奥伝をする上級者クラスではお点前をして大円之真台子の相伝をしました。

初めて見ると「ソレ使うの?」と、とても驚きますがそういうものなんだなと新しい発見もできます。

やはり大円盆を使用するのは円草と同様ですね。

今回はお点前を見せただけですので、次回の上級者クラスはお点前の細かい部分を説明したいなと思っています。

ようやく私が教えることのできる点前の中で、最後まで残しておいた点前を教えることができて、一区切りという感じです。よかった~。

ちなみに、上級者稽古は社中の方でなくても許状を持っていれば見学していただく事ができます。

詳細はメールにてお問合せ下さい。info@namichidori.infoまで

2020年 庚子 茶道教室初稽古しました

縁高に点心

1月4日の土曜日は茶道教室の初稽古でした。

毎年、その年の一番初めの稽古は社中の皆さんが同じ日に集まってお稽古をします。

例年通りの花びら餅を食べていただいて、濃茶を全員で飲んでいただきました。

私が全員のぶん濃茶を点前座で点てましたので結構な時間かかってしまいましたが、皆さん脚が痛くなったりしなかったでしょうか。

床は相変わらずの蓬莱山飾りをしました。

ちなみに相変わらずというのは、何事もなく平穏であるということになりますので、良い事だそうです。

ワンパターンの相変わらずというのも、そういう意味があるんだと知れば

「今年も無事正月を迎えられてよかったな」

と、めでたい感じに思えますね。

とはいえ、去年にも増してもっと飛躍を、もっと変化を!と願うのも人の性ですね。

薄茶はクジで当たったひとに

濃茶の後の薄茶はクジ引きで当たったかたに点てていただきました。

稽古では、多人数に薄茶を点てることがほとんど無いですので、けっこう勉強になったんじゃないかなと思います。

当たった人は大人数の前でのお点前に、だいぶ緊張したみたいですのでお疲れさまでした。

食事は自分たちでつくりました

着物で食事

稽古の後の食事は自分たちで作った点心などを食べて、たのしくおしゃべりしました。

朝から食事作りを手伝っていただいた方は本当に大変だったと思います。

でも、茶事を経験しているのでかなり動きは良かったと思います。

みんなどんどん慣れていきますね。

お疲れさまでした。

稽古の曜日の違う方は、同じ社中でもほとんど会う機会がないですので初稽古のような皆さんの顔が見られるのは貴重な機会です。

もしかしたら、初めましてのかたもいたかもしれません。

最後は皆さんにそれぞれの今年の抱負を語っていただきました。

それぞれの考え、意気込みなどを聞いていると非常に面白いですし、刺激になります。

有難うございました。

ということで さぁ、今年はもっと頑張ろう!

と思った初稽古でした。

京鹿の子(キョウガノコ)と下野草(シモツケソウ)と下野(シモツケ)違い

家の庭にはシモツケソウが咲いている、期待したよりもずいぶんと早く咲いてしまい、使おうと思っていた茶会には使えるかどうか微妙になってしまった。日当たりが良いとあっという間に花が終わってしまう。

さて、キョウガノコとシモツケソウは非常に似ていてパッと見では見分けがつかない。花の赤みは京鹿の子の方が強いという辞典の記述があるが、正直なところそれでは全くわからない。

調べてみると見分けのつかないこの二つを見分ける方法は、茎のところに目立たないくらいのトゲがあるかないかという事らしい。ちなみにどっちも草。画像がないのが残念。

もちろん葉の形もよく似ている。

ところが京鹿の子とシモツケソウは葉の形が違うという話しを最近聞いた。。。??え?ホントかな?

お茶では年上の人が言った事は正しいことになってしまう古き良き伝統(笑)が残っているので、その空気に流されてしまいそうではある。

「ん~、おかしいな。以前に調べたときはそんなことなかったと思うんだが」と思ったが、調べたのはずいぶん前だったので記憶もあいまい。ということで、また調べてみた。

シモツケソウとよく似たものは

結論からいうと、シモツケソウとよく花が似ていて、葉の形が違うものはシモツケだった。名前もよく似ているので覚え間違いをしてしまった人がいるのだろう。

葉の形はシモツケソウと京鹿の子は掌状葉で、手のひらの形のようになっている。(ココ重要)

対して、シモツケの方は披針形で笹の葉に近い形になっている(ちょっと違うけど)。バラ科の落葉低木だそうだ。要するに、これは木である。

シモツケソウはシモツケと花がよく似ているということでこの名があるらしいが 葉の形を見れば全然ちがうものとしてすぐに見分けがつく

そして、またややこしいが京鹿の子コシジシモツケソウシモツケソウの交雑種だそうだ。

まとめると、京鹿の子、コシジシモツケソウ、シモツケソウはよく似ている。いずれにしても茶花としての登場回数は多く、とても美しい。

たぶんこれ、1年経ったら忘れてる気がします。