着物で茶房にご来店のかた、アイスクリームサービス

お茶でもやっていないと、着物を着る機会というのもなかなか無いかもしれません。
京都では着物を着ていると、特典を受けられる京都きものパスポートというのがありますので、着物で出かけるときにうれしいですね。
つくばではあんまりそういうの聞かないです。

ということで、着物でご来店のかたにはアイスクリームサービスします。
あぁー、でも、お願いなのでおひとり様、何か一品頼んでいただけますようにお願いします。
あんみつに乗せてもよし、飲み物と食べてもよし、で着物姿の人を増やそうというものすごく局所的なイベントです。

でも、アイスの好きじゃない人もいると思いますので、特典を受けたいと思う人は「着物で来たのでアイスクリームをお・ね・が・い」って声かけてください。
言い方は何でもよいですけど。。。

つくばで着物特典アリのお店増えないですかねぇ。
一緒にやってくれる店求ム!
あぁ、でも甚平、作務衣は着物にカウントしないですよー。

稽古で拝見した軸

先日、先生のところの稽古がありました。
かかっていた軸は画賛で、なかなか読みづらい字と絵が書いてあったのですが、その内容はさておき。
絵を描いている人の印に「木鶏」とありました。

木の鶏ってなんだろ?
ってつぶやいたら、隣にいらしたいつも稽古を一緒にする方が、
木鶏の出典、すなわち荘子の中の話しで、木彫りの鶏のようになった闘鶏が一番強い状態っていう話をしてくれました。
自分の教養の無さを恥じるとともに、教えてくれた方はほんとに色々なことを勉強してて、いつも引き出し多いなぁと感動しました。
私も、もっとちゃんと古典を読まないといけない、と思いつつも最近本を読むことが本当に減っています。
「時間が無い」というのは仕事のできない(時間の使い方の下手な)人の言い訳としてよく使われるという事をよく聞きますが、「まさに自分のことだわ~、あちゃー」っていう感じです。

木鶏をネットで調べていると、双葉山が連勝を止められたときに、安岡正篤に電報を送ったという話しが出てきて面白いです。
双葉山ほどの人になると、己の身をもって木鶏たらんとするというところがスゴイなと思います。
いやいや双葉山、もう充分木鶏だと思いますよって私なら返します(笑)。
わたしはイマダトイウヨリ マッタク モッケイ二オヨバズ

平成30年9月30日 茶会を催します(満席)

秋の茶会をNAMICHIDORI茶房にて催します。
薄茶席二席と点心席をご用意します。
所要時間は2時間弱です。

時間ごとの完全予約制になっております。

※全ての時間帯で満席になりました。
 

平成30年9月30日(日)
会費5千円
時間:08:50~ 満席
   10:00~ 満席
   11:10~ 満席
   12:20~ 満席

おかげさまで満席のご予約をいただきました。
お問合せ誠にありがとうございました。

NAMICHIDORI