夜咄の茶事をします 参加される方を募集します

夜咄の茶事を12月と1月に催します。
ご参加いただける方を募集いたしますので、参加ご希望の方はメールにてご連絡くださいませ。
気軽なお茶事ですので薄茶、濃茶の飲み方を知っていればどなたでもご参加いただけるかと思います。
蝋燭の光の中でのお茶は、非常に幻想的でお茶の風情たっぷりですので、夜咄に行ったことのない方も是非ご参加くださいませ。
色々な流派のかたのご参加をお待ちしております。

 【記】
平成30年12月21日(金)、22日(土)
平成31年 1月25日(金)、26日(土)

16時半~21時 (4時間半程度)
懐石、濃茶、薄茶

会費2万5千円
※要予約

亭主  伊原英宇
連絡先 NAMICHIDORI茶房まで
メールアドレス:info@namichidori.info

着物で茶房にご来店のかた、アイスクリームサービス

お茶でもやっていないと、着物を着る機会というのもなかなか無いかもしれません。
京都では着物を着ていると、特典を受けられる京都きものパスポートというのがありますので、着物で出かけるときにうれしいですね。
つくばではあんまりそういうの聞かないです。

ということで、着物でご来店のかたにはアイスクリームサービスします。
あぁー、でも、お願いなのでおひとり様、何か一品頼んでいただけますようにお願いします。
あんみつに乗せてもよし、飲み物と食べてもよし、で着物姿の人を増やそうというものすごく局所的なイベントです。

でも、アイスの好きじゃない人もいると思いますので、特典を受けたいと思う人は「着物で来たのでアイスクリームをお・ね・が・い」って声かけてください。
言い方は何でもよいですけど。。。

つくばで着物特典アリのお店増えないですかねぇ。
一緒にやってくれる店求ム!
あぁ、でも甚平、作務衣は着物にカウントしないですよー。

11月になり炉を開きました

早いものでもう11月。
今年も残り2か月になってしまいました。
なんか毎年こんなことを言っているような気がします。

さて、11月になるとお茶の世界では炉の時期になるのですが、炉というのはゆか下部分にあり、炭に火を熾して入れ、釜の湯を沸かすことができる物のことです。
全然イメージつかないかもしれないので
コチラです

ココに火が入っていると暖かそうですよね。
そうです、とても暖かいんです。
冬には欠かせないアイテムですね。
中では赤々と炭が熾っています。
韓国のオンドルみたいにしたら、もっと暖かいのではないかとか考えたりしますけど、、、

実物は茶房に来ていただければ見られます。
でも、中では炭の火が熾っているので中に落ちないように注意して下さい。
やけどします!

炉の時期の香は風炉の時期とは変わって、練香になります。
炭の粉に良い香りのするものを色々と練りこんだやつで、不思議な香りです。
街では聞くことのできないような香りです。
ちなみに香りは聞くという表現をしたりします。

自分で練香作ってみたいと思ってるんですが、なかなかそういう機会がありません。
お香屋さんで練香作りの勉強会みたいなのが開かれているので、興味のある方は行ってみると良いと思います。

炉になると炭も大きくなり、釜も大きいです。
胴径が8寸以上くらいになると炉に使う釜になります。
もちろん風炉でも使えますけど。
9寸以上になると、ものすごく大きい感じがして、あぁ炉の釜だなぁと思います。
与次郎の阿弥陀堂の大がそんな感じの大きさです。

炭が赤く熾り、釜の口からは湯気が出て、松風の聞こえる様子はお茶ならではの風情がありますね。